【活動報告】JSBM主催「ジョイラン」@関西(兵庫、京都)

いつもありがとうございます。hug-luma二河です。

今回は「からだ」の取り組みとして、日本の四季の素晴らしさに合わせて、春・秋に定期開催しております、ファンランイベント「ジョイラン」についての活動報告です。

詳細のレポートは「一般社団法人日本スポーツ&ボディーマイスター協会」のサイトにて公開しておりますので、どうぞ御覧ください。

4月7日開催:兵庫・西宮レポート
4月8日開催:京都・北山レポート

【走って・食べて・元気になる】がモットー

みなさんは「走る」ことの目的を、どうお考えですか?

私はというと、「いつまでも健康なからだでありたい」と思うと同時に、
「好きなときに好きな食べ物を、いつまでも食べられる生活でありたい」ということを目的としております。

ですので、運動は多けれど、そこまで体系はドラスティックに変わりません。
(結果にコミットしてません。すみません!ライ○ップさん笑)

巷(とくに首都圏?)で多く開催されるファンランイベントの中でも、とくに「食」に焦点を当てたもので、私自身、ガイドとして企画側ではあるのですが、毎度毎度とても楽しませていただいております。

もちろん「食べる」ので、通常の「走る」だけの【カロリーを消費する活動】に加えて、【摂取する活動】もあります。

もしあなたが「走る」目的を「ダイエット」と考えるのであれば、とても抵抗があるかもしれません。しかし私は参加者に「大丈夫です!基礎代謝があがります」と勇気づけてます。

【ワンショット】より【持続可能】かつ【将来を見据える】大切さ

「三日坊主」「ローマは一日にして成らず」ということわざもありますが、
何事も続けなくては物事の本質はつかめないと考えています。

昔から親類より「仕事は3年やってみないとわからない」と言われていました。
その言葉のおかげなのか、前職も現職も、そして複業として始めた個人事業も3年を超えました。
※屋号取得からはもうすぐ1年ですが。

続けていることで、おのずと「自信」や「コツ」「工夫のしどころ」というものが見えてきたかなと思います。
過去に始めたとおりの同じやり方をしているものは1つとしてありません。
マイナーバージョンアップは常日頃から実施しています。

それもこれも、一度で終わらず「その先」を目指すという心持ちがそうさせているのかもしれません。

ちなみに、ファンランイベント「ジョイラン」は、初回から5年が経過しております。
毎度の企画は自分で。もちろん下見も。
唯一の自慢は「同じコースを(ほぼ)使わない」ことです。
※あきっぽい性格なもんでw。何事も「鮮度」は大事です。

継続のためには「楽しい」というキーワードも大切ですよね。
ファンランイベント「ジョイラン」も、その楽しさがあるから、私自身も続けられているのかなと思います。

もしよろしければ、一つ一つの行動に「楽しさ」を探してみると、いままで続かなかったものが続くようになるかもしれません。

今回は「からだ」からアクションを起こし、「持続可能な仕組みに落とし込む」について、ほんの軽〜く触れてみました。
・ランニングもやってみたいけど、まずは歩いてみたい
→小田急線和泉多摩川駅徒歩2分の「BLUE TAMAGAWA」にぜひいらしてください。
・ランニングになにか楽しい刺激がほしい
→JSBM主催のファンランイベント「ジョイラン」にぜひご参加ください!

「できる」のひらめきをあなたに。
二河 等

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です