【声】かべうちにこさん:埼玉県在住女性H・S様

いつもありがとうございます。hug-luma二河です。

今回はhug-lumaの「かべうちにこさん」の取り組みを体感された方からの「声」をいただきましたので、そのご紹介です。

hug-lumaをご存知いただきながら、「いったいどのような関わりをしてくれるのだろうか」ということをご不安に思われる方もいらっしゃるかもしれません。ぜひこういった声をご参考になさってくださいね。


今回hug-lumaに支援を依頼するに至った背景について具体的に教えてください
 知り合いに紹介していただきました。新しい団体の立ち上げにあたり、ミッションやビジョンの策定、自分では気付いていないけどやらなければいけないことなどの洗い出しをしたいと思っていました。
どのくらいの「かべうち回数」でしたか?
 1回
支援の前後でどのような変化がありましたか?

 ミッションやビジョンが明確となり、前に進みやすくなった感じがしています。

hug-lumaの支援を身近な方にどの程度お勧めしたいですか?(10点満点)
 9
上記点数の理由を教えてください

 壁打ちでビジョンミッションが明確になっただけではなく、NPO法人を色々とみてきている視点や運営についてのアドバイスなどもとても参考になりました。

hug-lumaの支援はどのような方にお勧めできそうですか?
 新しいことにチャレンジしようとしている人、NPO法人の運営に困っている人など
ここまでの支援を受けて、忌憚なき感想をいただければ幸いです!
 先日はありがとうございました。改めて資料にまとめるととてもすっきりして、いい感じになりました。またご相談に伺います!

 

Sさんは本当に多動で、大きなムーブメントを起こしたい志を持ちながら、日々具現化するパワーをお持ちの方でした。

すでにご自身の中に答えは眠っている・・・そんな感じがしつつも、マインドマップを使って捻り出すお手伝いをさせていただきました。

話をすればするほど出てくる出てくる。濃密な時間を過ごさせていただきました。

こちらこそ本当にありがとうございました!!

今後のお話も楽しみにしています!!

 

今回は「かべうちにこさん」の取り組みとして、これからの新しいアクションに向けて、一体どんなビジョン・ミッションが必要なのか。それに紐づく具体的なアクションとはなんなのかについてを深掘りしていく時間を過ごしてまいりました。ティーチングでもコーチングでもコンサルティングでもない、あくまで「本人から出てきた言葉の壁打ち」をさまざまな角度から打ち返すことによって、ワクワクを深ぼる手助けを、私の中では「壁打ち」とよんでおります。

「壁打ちしてもらいたい!」という相談などにつきましては、各種SNS(Twitter、Facebook、instagramのDM)もしくはお問い合わせフォームからお願いいたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「できる」のひらめきを、あなたに。

二河 等