【声】kintoneでの業務改善:一般社団法人星つむぎの村様

いつもありがとうございます。hug-luma二河です。

今回はhug-lumaの「しくみ」の取り組みを体感された方からの「声」をいただきましたので、そのご紹介です。

hug-lumaをご存知いただきながら、「いったいどのような関わりをしてくれるのだろうか」ということをご不安に思われる方もいらっしゃるかもしれません。ぜひこういった声をご参考になさってくださいね。


どのようなことを事業として行っている団体ですか?
 プラネタリウム(出張、フライング)
 星空観望会
 ワークショップ
 グッズ開発&販売
今回hug-lumaに支援を依頼するに至った背景について具体的に教えてください
 コロナ禍の影響で事業の依頼が複雑になり、スケジュールと機材の管理が煩雑になった。
 すでにキントーンは導入していたが、それぞれのアプリの連携が有機的ではなく、作業のフローに即したツールが必要だった。
どのくらいの支援期間でしたか?
 6カ月
支援の前後でどのような変化がありましたか?
 事業依頼からスケジュール管理、最終的な報告まで業務のほとんどをキントーン上で行えるようになった。
 このため、情報共有が容易になり、事務作業の効率化も進んだ。
 また、メールワイズの導入により、メルマガや連絡メールの管理も支援者アプリと連携することができ、作業の効率化が図られた。
hug-lumaの支援を身近な方にどの程度お勧めしたいですか?(10点満点)
 10
上記点数の理由を教えてください
 想いの共有から、実際の運用場面を想定しての助言や提案が的確で、ともに歩んでもらえたという印象が強い。
hug-lumaの支援はどのような方にお勧めできそうですか?
ソーシャルグッドな活動をしている団体。特にボランティア会員をかかえているようなところ
ここをこうしたらもっと良くなる!という点があったら教えてください
 これ以上望むものはなにもありません!
ここまでの支援を受けて、忌憚なき感想をいただければ幸いです!
 出会ってくださってありがとうございます。
 これからもよろしくお願いします。

 

いまでも継続してご支援させていただいております「一般社団法人星つむぎの村」様は、山梨県に拠点をおきながら、入院中で外に出ることができない人たちに満天の星空を届ける【病院がプラネタリウム】や、コロナ禍でも、天井いっぱいの星空をお届けする【フライングプラネタリウム】を実施されています。

ぜひWebサイトの方も御覧くださいね!

 

今回は「しくみ」の取り組みとして、実際にkintoneの導入事例を、体感いただきました方からの声を中心にお届けいたしました。

kintoneの構築依頼や導入相談などにつきましては、各種SNS(Twitter、Facebook、instagramのDM)もしくはお問い合わせフォームからお願いいたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「できる」のひらめきを、あなたに。

二河 等